部屋をより素敵に見せるため

家族が多いの

「三重苦ll断熱」住まいについての重要なキーワードのひとつが、「断熱」です。断熱をどうするかで、人生が変わるといっても過言ではないでしょう。断熱とは文字どおり、などで遮ることです。「熱を断つ」ことです。具体的には、夏の熱い外気や冬の冷たい外気が家の中に入り込まないように建材昔の日本の家屋は、庇や縁側を設けて、太陽の光や熱をうまくコントロールしてきました。また、風がよく通るように、構造や間取りを工夫してきました。

  • 住まいにも定期的なチェックが必要
  • いい家塾でも
  • 住まいづくりのなかで

先にリフォーム

自然の恵みをうまくとり入れて、快適な環境をつくってきたのが日本家屋の特徴です。しかし、夏の猛暑や冬の極寒を防ぐためには、それでも十分ではありません。ましてや、採光や風通しを考慮せずに建てられたような家では夏はクーラーが効かず、冬は底冷えから逃れられません夏涼しく冬暖かい快適な家をつくるためには、自然の恵みを生かしつつ、同時に断熱を施すことが大変重要になるのです。ただし、適切な断熱を施さなければ、断熱効果が上がらないだけでなく結露を招いてしまいます。断熱と結露は切つても切れない関係なのです。イワヤポンプ千葉

間取り提案を貰った時に
間取り提案を貰った時に

住宅のキッチンというのは

これで大丈夫なのかどうかはわかりませんが、集めてきました。地産地消というか、土地にあるもので利用できるものは利用したいという思いで、石はそこらへんに落ちているものや敷地内の川にゴロゴロしている石をせっせと拾いすべて人力なので、川とこの場所を何往復したかわからないほど地道な作業でしたが、土砂で川の流れが滞っていた場所があり、そこから石を運んでくることで川も開通し、結果的に一石二鳥でした。最終的に細かい石を敷き詰めてこんな感じになりました。ヨイトマケ石を敷き詰めたら、丸太に棒をくっつけた道具を作り、せっせと突き固めます。もう一度突き固めました。美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」という有名な曲があります。

家ではありません

建築現場の地盤固めのこの作業をヨイトマケと言突き固めて必要な高さよりも低くなったところにはまた砂利を補充し、います。沓石とブロックをモルタルで固定独立基礎はボイド管に鉄筋を入れてモルタルを流し込んで自作する方法もあります。が、今回の小屋建築では手っ取り早くホームセンターで買ってきた羽子板沓石とブロックを使うことにしました。小屋の外周の基礎には羽子板沓石を使います。羽子板沓石は全部で14個。高さはいちばん高い300ミリです。

工務店から良い提案がなくて私は

餅つきイベントなども招待してくれます。ので、客同士も知り合いになります。そして、あの会社はとても変な会社なんです。伊藤さんは、菊地君のことを営業と思っているようです。が、彼は営業ではなくて監督です。

間取りの特徴として”居間中心”わが国の新しい
間取りの特徴として”居間中心”わが国の新しい

家の書斎拝見といった記事の写真で

そして、驚いたことにあの会社には、営業は一人もいません。社長の信念は、仕事は頭を下げて貰うものじゃない。良い工事をすれば仕事は向こうからやってくる。なんです。文句がある時は、社長に直に言えるのも良いです。が、1つ注意しないといけないのは、客が菊地工務店の営業マンにされてしまうことです。